大人ニキビのための化粧品選び

大人ニキビは、Tゾーンに多発しやすい思春期ニキビと違って、口の周りやアゴ、髪の毛の生え際からフェイスラインにかけてなど所謂Uラインに出来やすいものですが、Uラインって特に人目につきやすい場所でもありメイクで隠したくなってしまうという人も多いようですが、メイクで覆い隠すのは本来良いことではありません。

 

しかし、ニキビをオープンにすることでストレスを溜め込んでしまうことになれば、これはこれで新たなニキビを発生させる原因になってしまいますし、お肌の天敵「紫外線」はニキビにとってもよくありませんのでUVケアは必要です。しかしUVケア用品であれば何でもOKかといえばそうではなく、肌の酸化を促進させニキビを悪化させる原因となりかねない紫外線吸収剤が多量に含まれているものは避け、出来れば紫外線吸収剤無配合のUVケア製品を選ぶようにしたほうが良いでしょう。また、油分の多いリキッドファンデーション、クリームファンデーションなどは避け、パウダーファンデーションを使ったり粉おしろいで軽く仕上げるようにしたほうが良いでしょう。

 

通年通して紫外線対策は必要ですから、大人ニキビの方の場合、スキンケア用品についても年中工夫していく必要がありますが、大人ニキビに悩む方のための化粧品として「ノンコメドジェニック」「ノンコメドジェニックテスト済み」商品があるのをご存知でしょうか?

 

コメドとは第一段階のニキビをさし、非炎症性の皮疹で細胞・皮脂・角質などが脂腺性毛包内に詰まった状態のことを言いますが、ノンコメドジェニック製品はニキビが出来にくい成分を使用して作られた製品で、ノンコメドジェニックテスト済み製品は比較的皮脂腺の多い人間の背中などを利用して、試供サンプルを繰り返し添付したうえで、検査を行いコメドが作られているかを確認し「ニキビができる可能性が低い」と判断された製品のことをいいます。(ノンコメドジェニックテスト済み表示については、現在のところ公的承認申請制度や基準は設けられておらず、各化粧品製造販売会社で独自の検査方法、評価基準を用いています。)

 

ですから、ノンコメドジェニックテスト済み製品の方が、ノンコメドジェニック製品よりコメドを作る可能性が低いつまりニキビになりにくいと言われていますが、ノンコメドジェニック製品、ノンコメド処方製品もニキビが出来にくいとして、いま注目を集め始めています。

 

大人ニキビのための化粧品選びに苦労している、なかなか改善を図れる化粧品に出会うことが出来ないという方は、一度「ノンコメドジェニック」若しくは「ノンコメドジェニックテスト済み」商品を試しては如何でしょう?

更新履歴